レーザートーニング(レブライト)

レーザートーニング(レブライト)とは

レーザートーニング(レブライト)とは

30~40代の女性に多いモヤッとしたシミ、肝斑。
レーザートーニング(レブライト)は痛みが少なく美肌効果も期待できるレーザー治療です。

アメリカのサイノシュアー社が開発したレーザーで、メドライトC6の上位機種として展開されています。主に肝斑などシミの治療に使われますが、レーザートーニング(レブライト)の特徴は「ダブルパルスモード照射」を搭載している点です。これはレーザーを2発連続で照射する機能で、皮膚の奥深くにまで作用します。一方で出力を1/2に抑えているため、痛みを軽減しています。また、従来のレーザーは皮膚を照射するときに中央に熱エネルギーが偏っていましたが、レーザートーニング(レブライト)は照射した面に均一に熱が行き渡るように設計されています。ムラをなくすことで、過剰反応によるシミの悪化などを防げるようになりました。

こんな悩みを持つ方におすすめ

  • 頬やこめかみあたりに、左右対称のモヤッとしたシミが広がっている
  • 夏場に紫外線を浴びると濃くなるシミがあり、気になっている
  • 目の周りを避けるようにシミが広がっており、改善したい
  • タトゥーをレーザー治療で目立たなくしたい
  • 過去のレーザー治療や光治療で悪化したシミがある
レーザートーニング(レブライト)とは

レーザートーニング(レブライト)の特徴

  1. 特徴01

    治療中の痛みを軽減

    ダブルパルスモードのシステムによって深いところまで照射できるレーザートーニング(レブライト)ですが、一方で出力は従来製品の1/2に抑えています。そのため、治療中の痛みや肌への負担が軽減されます。

  2. 特徴02

    エネルギーを均等に照射する

    従来のレーザー治療は、照射した面の中心の熱エネルギーが高く、その周りが低くなるというものでした。レーザートーニング(レブライト)は均等に照射することで熱のムラをなくし、広範囲で高い効果を得られるようにしています。

  3. 特徴03

    波長を使い分けて深部にも照射が可能

    レーザートーニング(レブライト)は大きく分けて1064nmと532nmの波長が使用可能です。これにより、肝斑やシミ・そばかすは532nmの波長で、真皮に現れるタトゥーや母斑は1064nmの波長といった使い分けができます。

  4. 特徴04

    エイジングケアにも効果的

    レーザー照射によりメラニンの破壊や熱だまりで、コラーゲン変性が起こります。これにより肌の奥にある真皮組織にハリが生まれ、肌質が改善して肌が持ち上げられます。また、古い角質の除去にもつながります。

レブライト

施術内容 部位・容量・コース等 料金
しみ取りレーザー 1mm 2,000
レーザートーニング 初回 8,000
全顔 12,000
全顔 5回コース 48,000

治療の詳細

トーニングの場合

  • 施術時間

    両頬で約30分

  • 来院目安

    月に1回
    1クール5回をおすすめします

  • 痛み

    軽い痛み

  • ダウンタイム

    ほとんどなし

  • メイク

    トーニングは治療当日から可能

  • 注意事項

    過度な日焼けに注意

治療の流れ

  1. STEP01

    カウンセリング

    患者さまの肌の状態について伺います。肝斑などの気になる部分についてお聞かせください。レーザートーニング(レブライト)の治療方法についてもご説明しますので、気になることがありましたら遠慮なくご質問ください。

    カウンセリング
  2. STEP02

    施術に関する説明・洗顔

    カウンセリングで治療を受けることになりましたら、治療内容や治療後のスケジュールなどについてご説明します。その後、洗顔していただき、治療に備えます。

    施術に関する説明・洗顔
  3. STEP03

    施術

    レーザー治療を行ないます。患者さまにはまぶしさを防止するため、ゴーグルをつけていただきます。患者さまの症状に合わせてオーダーメイドで照射していきます。

    施術
  4. STEP04

    アフターケア・施術終了

    治療後の赤みが気になる場合は冷却します。今後のお肌のケアについて、スタッフよりご説明します。ダウンタイムはありませんので、治療後はメイクをしてお帰りいただけます。

    アフターケア・施術終了
  5. STEP05

    症状を見ながら再来院

    当クリニックでは、効果の検証も含めて1か月に1回の治療を5回ほど受けていただくことを推奨しています。これを1クールとして患部の様子を見ていきます。気になる点がありましたらお話ください。

    症状を見ながら再来院

よくあるご質問

肝斑に効果があるとのことですが、肝斑とはどのようなものでしょうか。
頬や額の周辺に、左右対称にモヤッと現れるシミのことです。30~40代の女性に現れることがほとんどです。女性ホルモンやストレスが要因にあるといわれています。
レーザー治療ということですが、痛みはありますか?
レーザートーニング(レブライト)は従来のレーザー装置に比べ、出力を1/2に抑えています。そのため、肌への痛みも少なくなっています。肌の表面をゴムで弾かれる程度のもので、麻酔クリームを使わずに治療を受けられます。
治療にかかる時間について教えてください。
全顔の治療を治療する場合、15分程度になります。治療の際に麻酔を使わないので、洗顔後すぐに治療を受けることができます。忙しくて治療に時間をかけられないという方におすすめです。
治療の後にダウンタイムは発生しますか?
ダウンタイムはありません。治療直後に少し赤みが現れるケースもありますが、数分でおさまります。出血やかさぶたができるという心配もありません。治療当日から入浴や洗顔も可能で、すぐに通常の生活を送れます。
何回くらい治療を受ければよいでしょうか。
当クリニックでは、1か月に1度の治療を5回ほど受けていただくことを推奨しています。より早く肝斑の改善を促す方法として、トラネキサム酸などの内服剤の服用もおすすめしています。

治療のリスクと副作用について

  • レーザーの熱により、皮膚が部分的に膨らむことがあります。このとき、一時的にヒリヒリするような感覚になります。
  • 小さな内出血が点状に現れることがあります。ほとんどの場合は1週間程度でなくなるので、ご安心ください。
  • 肝斑が過刺激状態になると、肝斑が悪化したり白斑になったりする可能性があります。この場合、経過を見ながら治療方針を立てていく必要があります。